美白の憂鬱
*
ホーム > 暮らし > 配偶者ビザが拒否された!

配偶者ビザが拒否された!

配偶者ビザの取得に失敗したM君の落ち込みが半端じゃありません。

外国人の日本長期滞在に必要な在留資格認定証明書は、日本国内の指定された窓口で交付してもらうことができます。在留資格認定の証明書には、手数料は必要ありません。

配偶者ビザは、とくに偽装結婚の増加に伴ってとても審査が厳しいのです。

証明書の処理にかかる期間はだいたい1か月から3か月になっています。申請に必要な書類は、在留資格認定証明書交付申請書、身元保証書など、それぞれの滞在する目的によって異なります。

提出時期についてですが、日本入国の前に交付を受けられるように、余裕をもって提出する必要があります。交付申請書を提出をするのは、滞在者本人か、本人の滞在中の受け入れ先の機関の職員などになります。

また、在留資格認定証明書の交付については、指定された窓口かインフォメーションセンターで相談にのってもらうことができます。

配偶者ビザは、エジプトなどでも預貯金が一定金額以上ないと認められないと聞いたことがあります。

タグ :